ワーママさんちゃんの高齢育児!

43歳で男児出産。高齢出産後の高齢育児のリアルを綴っています。

スポンサーリンク

夏休みは家族旅行で沖縄へ!

 

ここのところ、台風続きですが、まだ台風がやってくる前、8月のうちに家族で沖縄旅行してきました!なんか、最近のブログ、暗いニュースばっかり書いているので、少し明るい話題を書こうかと思って。コロナで夏休みの旅行を自粛し続けていたので、飛行機に乗って家族旅行するのは3年ぶりのこと。家族旅行で沖縄っていうと、那覇のリゾートホテルに泊まって、美ら海水族館やホテルのプールやビーチで遊ぶ人が多いかもしれないけど、我が家は違います。離島の安宿です、笑。部屋にお風呂もトイレもついていない安い民宿に泊まって、1日目はカヤックシュノーケリング、2日目はシュノーケリング&ダイビングと海遊び三昧でした。写真はシュノーケリング中に遭遇したカメです。ポン太もシュノーケリングがだいぶ上手になってカメと並泳してました。もちろん、ライフジャケット付きですけど。ちなみに飛行機もコロナ禍に貯まったマイルを使ったので、海遊びに集中してお金使った感じです。若い頃からよく行っている故郷のような島なのですが、子連れで行くのは初めてだから、どんな感じになるのかな、って行く前は少し不安もありました。でも行ってみたら、子連れだからこそ初めて感じる島の温かさがありました。若いころはいつもダイビング目的でひとり旅とか、女子2人旅で、仲間内で話して楽しんでいた。それが子連れで行くと、木陰で休んでいるおばーが手を振ってくれたり、お店のおばちゃんが話しかけてきてくれたり。あれ、なんかみんな今までより優しい?って感じがして。それがなんだか嬉しかったです。そして予想外の大きな喜びは、夫婦でダイビングができたこと。行く前からダイビングショップの人に「船のうえでスタッフが子守りをしておくこともできますけど、4歳になったばかりだったら、両親が交代で潜って片方が船の上で子守りしてもらうことになるかな。」と言われていました。それがそれが!!「お父さん、お母さん、カッコイイね!いってらっしゃーい。船のうえで待ってるね!」ってあっさりと船上での留守番を宣言したポン太。そして両親のいない1時間をショップスタッフのお姉さん、お兄さんとすごく楽しく過ごしたみたい。ダイビングから戻ったら、「あのねー、ウツボ触ったんだよー。カクレクマノミ見たんだよー。足ひれ落としたんだけど、お姉さんがすぐに海の下まで取りにいってくれたんだよー。」と親のいない1時間の大冒険の話を聞かせてくれました。これだ、と思いましたね。こういうのが大事だって。子供は、親とは年代もタイプも違う大人と楽しい時間を過ごせたことが自信になっているのが伝わってきたし、大人は子供と離れて束の間、自分の趣味を楽しめた。そんなわけで、それはそれは最高の夏休みになりました。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

園バスでの置き去り事件が許せない

またあまりに悲しいニュース。幼稚園バスに取り残された3歳児が5時間閉じ込められて熱中症で死亡って。水筒は空っぽになっていて、服を脱いで上半身裸になって倒れてたって記事を読んで、胸が苦しくなる。3歳児なりに、自分で必死にいろいろ考えて、服を脱ぐとか、水分取るとか、なんとか自分で考えつく限りの対策して。それでも暑くて暑くて、どうしようもないなか、「お母さん!」とか、「先生!」とか、バスの中で叫んでいたのかな、とそのときの様子を想像すると涙がでてくる。なんで、なんで、誰か大人が気づいてやれなかったんだろう。6人乗った子を6人降ろすだけのことができなかった大人たち。来ていないことに疑問をもたなかった大人たち。「降車前に車内の確認をする決まりを知らなかった」って、は??新人の言い訳?これが責任者である園長の言葉なの?決まり云々じゃなくて、降りる前に振り返って車内見回すのって、人としてすごく普通のことじゃないの?なんの落ち度もない子供の命が犠牲になってしまって、大人として、もう申し訳なくて仕方ない。本当にひどいニュース。ああ、本当に腹立たしくて、悔しくて、悔しくて。やり切れない。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

富山の2歳児の事故があまりにも悲しすぎる

最初にニュースを聞いたときから、気になっていた。お母さんが、お姉ちゃんの髪の毛をドライヤーで乾かしている隙に勝手口から出ていってしまったという2歳のれおん君の件。早く見つからないかな、って毎日ニュース気にしてました。他人事じゃなく思えたお母さんは世の中にたくさんいたと思う。私もすぐに思い当だすことがあった。ポン太が1歳を過ぎた頃のこと。マンションの駐輪場に自転車を停めているとき。うちの駐輪場って停めるところが左右に動くんです。スライド式ラックって言うんですかね。スッとラックに入るときもあれば、うまくいかなくて2,3度、入れ直すこともあって。これが電動自転車だと重くてちょっと手間取ったりして。で、それをやってる間に、ふと振り返ったら、そこに降ろして待たせていたはずのポン太がいなくて。まだまだそんなに歩けると思ってなくて。それでも、あたりを見回してもやっぱりいなくて。もう顔面サーーっと青くなりました。駐輪場は自動ドアがついていて、外からは鍵がないと入れないけど内側からは出られちゃう。走って自動ドアの外に出てみると、ポン太は、その自動ドアの外側、大きな道路の一歩手前のところに立ってました。安堵感と恐怖と自責の感情がごっちゃになったまま、慌てて抱きしめたことを今もはっきり覚えています。富山のれおん君のお母さんもこんな風に、「ダメじゃない、勝手に出ちゃ。」と言って、玄関先で抱きしめるはずだった。それが、どうして、どうして、沖合いで幼児とみられる遺体を発見、って。あまりに悲しすぎる。用水路に柵がしっかり立っていれば良かった。雨が降っていなければ良かった。とか今さら言っても仕方がないけど、でもそう思わずにいられない。本当にいろんなちょっとした良くないことが重なってしまったんだと思う。誰もが365日24時間ずーーと目を離さないなんて無理なんだから、お母さんの最大限の注意とは別の、もっと他にこの事故を防ぐ手立てがあってほしかった。まだ、れおん君の遺体と確定したわけではないようだけど、幼児の遺体が見つかったことに間違いはない。、、と書いているうちにDNA鑑定の結果が出たと速報が出ました。今、心から、れおんくんのご冥福を祈るとともに、自分の子供が無事に4歳になっていること、今、元気に暮らせていることに改めて感謝します。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

夏の終わりに思うこと

あっという間に9月に入りましたね。もう今年の3分の2が終わったかと思うと、ちょっと焦ります。今年は子供だけじゃなくて、自分も成長する年にしようと決めたはずだったから。今年から始めたピラティスは続けています。

週に1回で子供と離れて鏡を見て、思い切り猫背になっている背中をピンと伸ばして動くその時間は心地よく、今も楽しく通っています。ただ成長っていうほどでは・・。明らかに身体を変えていくには、もう少し頻度をあげてやらないといけないようです。先月、中学時代の友人に会いました。中学時代、お互いピアノを習っていて、当時ふたりとも練習がとっても嫌いだったけど、お互い幼児のころから続けている習い事だからなんとなく続けている感じでした。勉強や部活が忙しくなって高校の頃に辞めてしまっていましたが。で、その彼女が昨年からまたピアノを習い始めたというんですよ。最近、ピアノの発表会に出たという動画までYoutubeで見せてくれました。曲はクラシックではなく、ミスチルミスチルっていうところが年齢を感じさせますかね、苦笑。なんでも練習曲の選曲は自分でするそうで、知っている曲だと子供の頃と違って、すっごく楽しいよ。休みの日なんて5時間も練習しちゃったりして、と目をキラキラさせて言うんです。私も学生時代は走るのなんてちっとも好きじゃなかったのに、今は在宅勤務の日は必ず走っているので、その気持わかる!いいわー、これだ、これ、って思いました。彼女の子供たちはもう大学生と社会人になっているというのもあるけれど、その姿は子供の母親としてではなく、自分の人生を楽しむ姿そのものでした。3年ぶりに会えた旧友からいい刺激をもらえました!

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

4歳ポン太の名言! 迷言?

先日、ポン太が4歳になりましたーー!いやぁ、早いですねぇ。そして子供の誕生日って自分の誕生日以上に感慨深いものですね。あぁ、あの日も暑かったなぁ、なんて思い出したりして。誕生日を境に急に成長するわけでもなく、相変わらずポン太の迷言は続いています。

●誰にとっても衝撃の一日

「安倍さん、お亡くなりになったって。」「えーーー。」これは、安倍元首相襲撃事件の日。保育園の帰り道、すれ違った女性ふたりの会話が聞こえてきたときのことです。家を出るときから、ニュースは目にしていたのですが、思わずその場で手元のスマホのニュースを確認してしまいました。そして、わかるはずはないと思いつつも、このショックを共有したくて、思わずポン太に語りかけました。

母:「あのね、今日、安倍さんっていう日本の総理大臣だった人が銃で撃たれてしまったんだよ。」

ポン太:(目を丸くして)「えーーーっ、本物の水鉄砲で??」

●衝撃の事件から1ヶ月経つと・・

ポン太:「ポン太の知っている人で死んじゃった人は3人いるんだよ。」

母:「3人?誰だっけ??」

ポン太:「おじいちゃんでしょ。あと、おばちゃんでしょ。」

母:「そうだね、おじいちゃん2月、おばちゃん4月に亡くなったね。あとは?」

ポン太:「あとは安倍さんだよ。駅の前でお話ししてたら、後ろから銃で撃たれちゃったんだよ。3人とも今はお空にいるからね。」

母:「いつの間にか、だいぶ詳しくなってるね・・。」

●担任の先生の出身地?

ポン太:「あのね、タカコ先生のお家って沖縄にあるんだってー。」

母:「沖縄?実家ってことかな?沖縄出身ってことだね、きっと。」

ポン太:「なんかね、駅のすぐ近くらしいよ。」

母:「え?沖縄の駅??空港じゃなくて?」

ポン太:「駅だって。だけどね、保育園には自転車で来てるんだってさ。」

完全に作り話だね、こりゃ。。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ポン太、はじめての海水浴を目前に大ピンチ

「明日からいよいよ2泊3日の海水浴だねー♪♪」と、保育園に送りだして出勤した木曜のことです。午後3時頃、スマホに着信。画面には「保育園」の文字。げーー、勤務中に保育園から電話がきたら、そりゃもう、明るいお知らせなわけがない。一気に暗い気持ちになって電話をとると、案の定、「ポンちゃんですが、お昼寝から起きたあと、38.2度の発熱です。嘔吐もみられます。できるだけ早くお迎えお願いします。」と担任の先生。あーー、なんで、なんでなのー、朝は普通に元気やったのにぃ。ポン太は扁桃腺が腫れやすいようで、こういうことがわりとよくあります。でも、今回の場合は、、もしやコロナ?! 在宅勤務中の夫に仕事中断をお願いして、保育園に迎えに行ってもらって、その足で小児科に行ってもらいました。こういうとき、夫がフルリモートでホントにありがたいと思います。こっちは定時であがって、「どうだった???」と訊けば、明日になっても熱がさがらなかったら、そのとき抗原検査するので、それまでは様子を見るように言われたとのこと。夕方のうちに熱はぐんぐんと39.2度まで上昇。もう旅行は絶望的か。夫婦会議です。夫は私と違って、石橋を叩き壊すかと思うほどに何度も何度も叩いて渡る慎重派。もう保育園から電話が来た時点で旅行はあきらめていた様子。私は、石橋はちょっと触ったら、あとは駆け抜けちゃうタイプ。調べたところ、宿はその時点で1泊キャンセルだけで1万円のキャンセル料、フルキャンセルで2.5万円のキャンセル料。ならば、と、「まずは1泊だけキャンセルして様子をみよう。下がれば1泊2日なら行けるかもしれない!」と主張。ホテルのキャンセルのリミットは24時。23時に熱を測って最終判断することにしました。で、23時。夫が体温計を持って寝ているポン太のもとへ。戻ってきた。「下がってた、37.5度」、ヤッターーー。深夜に1泊分のみのキャンセル手続きをしたところ、翌朝には熱は36.9度まで下がりました。熱が下がったら、もうケロっとして浮き輪を付けて、「なんで今日は海に行かないの?」を繰り返す元気いっぱいのポン太と「あー、1万円のキャンセル料勿体なかったー。」を繰り返す母と、何度も何度も体温を計測する父は金曜丸1日を自宅で安静に過ごし、土曜日に晴れて1泊2日の海旅行に出かけましたー!出発直前の体調不良、日程変更、キャンセルとかって、乳幼児連れの旅行ではあるあるですよね。親はせっかく休暇とってるから、なんとかして実現したいと、ついつい思っちゃうけど、無理して出かけてひどくなっても大変だし・・。いまのところ、我が家は誰もコロナ感染していません。まだまだ夏は続きます。今後も気を付けて楽しみたいです!

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

選ばなかった未来、選べなかった未来

つい最近、ポン太に従兄弟が増えましたー!夫の弟さんのところ、ちょうどポン太と同じ頃に一人目が生まれて、その弟が生まれました。生まれる直前まで知らなくて、TV電話でお話ししてるとき、義母からぽろっと、「あんなー、もうすぐ、ダイちゃんおにいちゃんになんねん。」って聞いて知りました。全然知らなかったので、「おめでとう。身体大事にしてね。」って義妹に短いLINEを送りました。そしたら、「ずっと報告できていなくてごめんなさい。もう何度も流産を繰り返していたので、なかなか言えませんでした。」って返事が届きました。このやり取りで思い出すのは、ポン太が生まれる前のこと。私の昔のこのブログ、良かったらみてください。義弟夫婦も不妊治療をしていたと知った衝撃の日を今もよく覚えています。

ちょうど彼らと私たち夫婦は同じころに治療にはげみ、同じように子供をが生まれたわけです。だから、ふたり目ができるまで、この2,3年はまた不妊治療をがんばっていたのかな、って想像しました。ひとりめの手のかかる時期に流産もあったりして、心身ともにそれはそれは大変だったろうな、がんばったなぁって。ちょうど同じころ、前の職場の同僚に会いました。あの人どうしてるー?みたいな感じで昔の同僚の近況を訊ねると、私とまったく同じ歳の女性が2人目が生まれて育休中だよ、って話を聞きました。義弟夫婦の二人目誕生とその話を聞いたタイミングが重なったこともあって、私のなかに「選ばなかった未来」への想いがほんの少しモヤモヤしてるのを感じました。途中までは同じ道を歩んできたけど、その先は違う道を選んだひとたち。前のブログにしょっちゅう書いていたような、子供を持つ人への羨望感にくらべたら、ほんの小さな小さなキモチです。なんという言葉で表現したらよいのかわからないけど、少し寂しいような気持ちと言ったらいいのかな。あー、私は選ばなかった選択肢、選べなかった選択肢だな、って。ポン太が小さい頃に2人目は望まないことを夫婦で確認しあっていたし、決して現実的ではなかった。それでも、なんだかモヤっとした気持ちがあって。みんな、こんなことあるのあかなぁ。男性に比べて、女性は本当にいろいろな生き方があって、そこには正解がなくて比べる必要なんてないんだけど、なんか考えちゃったりして。すみません、なんだかとりとめのない話になりました。結局、そんな想いを巡らせていても、後ろから容赦なく、「お母さん、うんちーーー」が聞こえきて、今、この目の前にある現実に精いっぱい向き合っていく毎日です。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー

スポンサーリンク