ワーママさんちゃんの高齢育児!

43歳で男児出産。高齢出産後の高齢育児のリアルを綴っています。

スポンサーリンク

選ばなかった未来、選べなかった未来

つい最近、ポン太に従兄弟が増えましたー!夫の弟さんのところ、ちょうどポン太と同じ頃に一人目が生まれて、その弟が生まれました。生まれる直前まで知らなくて、TV電話でお話ししてるとき、義母からぽろっと、「あんなー、もうすぐ、ダイちゃんおにいちゃんになんねん。」って聞いて知りました。全然知らなかったので、「おめでとう。身体大事にしてね。」って義妹に短いLINEを送りました。そしたら、「ずっと報告できていなくてごめんなさい。もう何度も流産を繰り返していたので、なかなか言えませんでした。」って返事が届きました。このやり取りで思い出すのは、ポン太が生まれる前のこと。私の昔のこのブログ、良かったらみてください。義弟夫婦も不妊治療をしていたと知った衝撃の日を今もよく覚えています。

ちょうど彼らと私たち夫婦は同じころに治療にはげみ、同じように子供をが生まれたわけです。だから、ふたり目ができるまで、この2,3年はまた不妊治療をがんばっていたのかな、って想像しました。ひとりめの手のかかる時期に流産もあったりして、心身ともにそれはそれは大変だったろうな、がんばったなぁって。ちょうど同じころ、前の職場の同僚に会いました。あの人どうしてるー?みたいな感じで昔の同僚の近況を訊ねると、私とまったく同じ歳の女性が2人目が生まれて育休中だよ、って話を聞きました。義弟夫婦の二人目誕生とその話を聞いたタイミングが重なったこともあって、私のなかに「選ばなかった未来」への想いがほんの少しモヤモヤしてるのを感じました。途中までは同じ道を歩んできたけど、その先は違う道を選んだひとたち。前のブログにしょっちゅう書いていたような、子供を持つ人への羨望感にくらべたら、ほんの小さな小さなキモチです。なんという言葉で表現したらよいのかわからないけど、少し寂しいような気持ちと言ったらいいのかな。あー、私は選ばなかった選択肢、選べなかった選択肢だな、って。ポン太が小さい頃に2人目は望まないことを夫婦で確認しあっていたし、決して現実的ではなかった。それでも、なんだかモヤっとした気持ちがあって。みんな、こんなことあるのあかなぁ。男性に比べて、女性は本当にいろいろな生き方があって、そこには正解がなくて比べる必要なんてないんだけど、なんか考えちゃったりして。すみません、なんだかとりとめのない話になりました。結局、そんな想いを巡らせていても、後ろから容赦なく、「お母さん、うんちーーー」が聞こえきて、今、この目の前にある現実に精いっぱい向き合っていく毎日です。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

3歳ポン太の名言!迷言??

先日の保育園の個人面談でも言われました。「ポンちゃんは、お話しが上手」と。そう、なんだか生意気なくらい大人のようなコメントをすることが多々あります。あと、作り話をそれっぽく話すのが上手。ツッコミたくなる齟齬もいっぱいあるけど、笑。たぶん、いろんなフレーズが頭のなかの引き出しに増えてきていて、それを引き出すタイミングが絶妙だったり、微妙だったり。2歳の頃からその傾向はありましたが、このまま大きくなったら忘れちゃいそうなので、今のうちにここに記録に残しておこうと思います。

●2歳の頃の名言

ポン太:あのね、人間ってね、ひとりでは生きられないの。

●3歳が知る太古の歴史

ポン太:「あのさぁ、ポン太が昔、たかしやまの屋上で滝に落ちたの覚えてる?」

母:「“たかしやま”って、相撲取りみたいじゃん。デパートの『高島屋』の屋上のことでしょ?たしかに、高島屋の屋上に滝みたいのあるけど、落ちたことなんてないでしょ。いつのはなし?」

ポン太:「ずっと昔の話だよ。人間が火を使い始めた頃のね。」

母:「・・は?」

●3歳の前世の記憶

ポン太:「お母さん、昔はどこにいたの?ポン太はね、宮崎県にいたの。」

母:「へ?宮崎??宮崎で何してたの?」

ポン太:「宮崎でね、英語の先生してたんだよ。」

母:「え?そのころ、お母さんはどこにいた?」

ポン太:「知らないよー、そんなこと。自分で覚えてないの?」

母:「うん、お母さん、現世の記憶しかないわー。」

ポン太:「宮崎からね、そのあと、じゃぱんに行ったから。じゃぱん、ね。」

母:「宮崎もJAPANだよ・・。」

●3歳が登園時に一緒になった小学生と会話すると・・

小学生:「ねぇ、見てみて。この石、綺麗でしょー。どこからきたんだと思う?」

ポン太:「うん、これはね、宇宙から来たと思うよ。最初は大きかったんだよ。それが宇宙から地球に来る間にだんだんちいさくなっていったと思うよ。」

小学生:ポカン。。

まだまだいっぱいあるから、また書きます。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 保育園のお迎えにおばあちゃん登場

お仕事している皆さん、テレワーク、リモートワーク、続いていますか?私の職場では、だんだん減ってきています。前は出勤と在宅の勤務が半々だったところ、在宅が週2になり、週1の日も増えてきた今日この頃です。そんななか、先日、NTTが勤務地を基本的に自宅にするっていうニュースをみました。なんでも、出社を出張扱いにするとかって。すごいですよね、コロナ前には考えられなかった。うちの夫も仕事柄、あまり出勤する必要がないらしく、大体家で仕事をしています。おかげで、私は息子が3歳になったタイミングで時短を辞めてフル勤務に戻れました。私が出勤の日は、基本、夫が仕事の合間に迎えにいくスタイルです。でも、先日、どうにもこうにも夫婦ともに出社しないといけない日がありました。お互い早退することも考えたのですが、ここで初めておばあちゃんにサポートをお願いしてみました。以前、ここでも書きましたが、数か月前に父が亡くなり、今、母は実家でひとりで暮らしています。
フットワークの軽い母。今は遺品の整理したり、周りの人が気を遣って食事に誘ってくれたり、お茶にでかけたりと、なんやかんやとやることがあるようですが、こういうお願いも張り合いになるかな、と思って頼みました。「駅から保育園に迷わず行けるのか?」、「保育園玄関の電子ロックを開錠できるのか?」、「コドモンでチェックアウトできるのか?」などなど、ちょっと不安はありましたけどね。あ、コドモンって、保育園用の端末プラットフォーム?っていうんですかね、です。前夜、何度もグーグルマップで道順の予習したという母に向かって、ポン太は「おばあちゃん来てくれるの?お家までの道はポン太がちゃんと教えるからね。」ってふたりで電話で打合せしてました、笑。で、当日。コドモンでチェックアウトの操作をすると、保護者にメールで通知が行くようになっているので、夕方、スマホに通知が届いたときにはひと安心。帰宅後、ふたりが口々に感想を聞かせてくれるのですが、その表情には安堵感と達成感があふれていました。「おばあちゃんと帰るときは走っちゃダメ!手をつないで帰ってね。」という約束はまったく守れなかったようで、これは次への課題ですけどね。。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

3歳でおすすめの玩具!

最近、ポン太はレゴにはまっています。最初は、なにかテトリスでもやっているかのように、ただただ積んでつなげてなにかひとつのかたまりにしているだけでしたが、いつの間にか、なにやら説明図に沿って組み立てています。そう、はじまりは「ハッピーセット」でした。ちょっと前のマクドナルドのハッピーセットトミカだったじゃないですか。それで、そのときに、初めてマックデビューさせたんですよ。ちょうど公園に遊びにでかけていて、他にお昼を買うようなお店もなくて、じゃ、ちょうといいから食べてみる?みたいな感じで。うちは、私よりも夫のほうが、わりと身体にいいものを食べさせたい!の気持ちが強いひとで、ま、「たまにならいいか。」のひと言がでたので買いました。ちょっと話は脱線しますが、私は子供の頃、たまに食べるマックがすごく好きだった記憶があって、食べ物についても親が厳選しまくるよりも、いろいろ経験させたらいいんじゃないかな、と思ってます。で、初めてマック、思った通り、大大大ヒットでした、笑。もう最近、「M」のマークをみると、「ハッピーセット食べるー。」を連呼しています、苦笑。ただ、マック=トミカ だと思ってたみたいで、次買ったときに恐竜付いてきたときにはガクっとなってましたけどね、笑。で、その時のおまけのトミカのおかげで、インストラクションを見ながら、それに従って組み立てる面白さを覚えたみたいなんですよ。気づいたら、レゴに付いていた説明書、いくつかの作品の作り方が書いているやつなんですけど、それを見ながら黙々と組み立てるようになってました。例えば、家とかバイクとかカエルとか。で、その説明書に書いてある作品が終わったようで、こんどはネットにアップされている作り方の記事をみて、取り組むようになりました。夫が見つけてTV画面で見られるようにしたら、自分でリモコンでスクロールしてやり始めて。上の写真もそうやって作った作品のひとつです。もちろん、うまくいかないときもいっぱいあって、「おかあさん!きて。これがない。」とか、「これであってる?」と呼ばれることは多々あります。で、そのときは一緒にパーツを探してやったりしています。ちょっと一緒にやると驚きます。説明図をみて理解するのが早いんですよね、大人より。大人って図の横にかいてある文字を読んだり、ちょっと考えたりするじゃないですか。でも、子供って、絵をみて直感的に進めていくんですよね。そういうところ感心します。ただ、探しているパーツがすぐに見つからないと、途端に飽きちゃうみたい。そこが課題だな、って感じます。レゴは、去年のクリスマスに買ってやったこれ。「レゴクラシック」を使っています。

それまではレゴデュプロを使ってました。これは3歳4か月くらいのときに買って、買う前は少し早すぎるかなと思ったんですが、今では買って大正解だったと言えるおもちゃです!

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

オアゾでの悲しすぎる小学生の死

これは、とてもとてもショックなニュースでした。昨日、「10歳くらいの男の子が丸の内オアゾの6階から転落して重体」っていう記事を見ました。オアゾって馴染みのある施設だったこともあるし、子供の事故の記事だったから目に留まって、夕食のときに、「10歳でそういう場所から誤って転落するってことありえるのかな?」って話してました。もう危ないことは理解できる歳だよね、何かしら医療ケアの必要な特性のある子だったのかもしれないよね、と話題にしていました。そしたら、今朝になって、その子は12歳で、死亡してしまったというニュースが。しかも、自殺のようだと。施設の入口から入って3分後にはその場所にいて、リュックを置いて、周りの大人の制止を振り切って落ちていると。直前まで誰かと携帯電話で話していたようだとの記事も読みました。もしかしたら、ご両親だったのかもしれません。なんだかグッと胸が詰まるような思いがして、迷わずその場所に突き進んでいったその子との気持ちを想像したら、静かに涙がでてきてしまいました。ネットには、ショックだという大人のコメントがたくさんあがっていました。自分も子供の頃いじめられてつらかったけど、大人になれば世界が変わって生きやすくなったという体験談のコメントもいっぱいありました。私も含めて「なんとかしてやれなかっただろうか。」と思う大人がいっぱいいるんだろう思いました。自分に子供ができて、つくづく思うようになりました。子供って親だけで育てるものじゃないな、と。いろんな人が関わることで防げることもあるんじゃないかな、と。今回の件の詳細や理由はわかりませんが、今はただただ、心から男の子のご冥福を祈ります。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ようやく進級したスイミング

いやー、長かったですよ。スイミングで、ポン太はもう同じクラスに半年くらいいました。下から2番目のクラスです。どんなことをしていたかというと、足場(よくプールで見る赤い台)と足場の間、30㎝くらいの隙間をぷかーっと浮いて渡るというのが課題でした。なんかね、すごい人数なんですよ、そのクラス。たいてい私はその時間に別の駅でピラティスのクラスを受けているので、あんまり付き添うことはないんですけど、たまに夫が行かれないときに付き添います。するとね、20人近い人数の子供がそのクラスの狭いスペースにギュッと詰め込まれた感じでいるんです。25mのプールの2レーン分くらいを縦に3等分して、レベル分けされてるんです。ね、狭いでしょ?コーチは2人。自分の番がまわってくるまで、みんな手持無沙汰でその場でジャンプジャンプしています。だから、ゴチャっとしてて、ガラス越しに見てても、なんか課題が出来ているのか出来ていないのかも、よくわからないんですよ。そのくせ、3等分してある左右のスペースでやってるひとつ上と下のレベルのクラスはガラガラで10人弱だったりするんですよ。たぶん、小さい子たちにとって、その下から2番目のレベルがひとつの山なんでしょうね。そのレベルに停滞しやすいんだと思います。あー、早く進級してゆったりとしたスペースで受けられるようになるといいね、ってずっと思ってました。そして先日迎えた進級テスト。これ2ヵ月に1回しかないんですよ。朝から「行きたくない。怖い。」と緊張を隠し切れないポン太。あぁ、いつの間にか、そういうナーバスな感情も覚えていたんだな、とちょっとびっくり。「がんばれー。」と送り出して、自分はピラティスに向かいました。で、お互いのレッスンを終えて再会すると、「メダルもらったー!!!」と満面の笑みのポン太。メダルは進級した子だけがもらえる証です。やったねーー!がんばったのは、もちろんポン太なんですが、こういうときって、親もほんと嬉しいですね。本人以上に喜んでいたかもしれません。で、進級してからのクラスは本人もすっごく楽しいみたいです。これまでは、なんというか保育園みたいにコーチが大勢をまとめてガサっと見てくれている感じだったけど、今のクラスではひとりひとりに指導してくれてる感じみたい。ようやくスイミングスクールらしくなってきた感じで、これまでは全然疲れた様子が見られなかったけど、終わったあと「疲れたー」ってゴロンとしたりするようになって全力で取り組んでいるみたい。この調子でがんばってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ホタルを観に行ってきました!

外遊びが大好きな私たち夫婦は、子供には、いつもその季節ならではの自然を楽しんでほしいと思っています。で、ここ最近はホタルが観られるところはないかな、と調べてました。できれば、ホテルとか植物園みたいなところで人工的に放されたホタルではなく、自然のものを見せたい、というか自分もそれが見たい、と思って、笑。そしたら、開催数日前に見つけたんですよー。「森の音楽会、帰り道でホタル鑑賞」という内容のイベント。夕方から、森のなかでバイオリン&コントラバスの演奏を聴いて、帰り道にはホタルが観られますよ、という企画。これだー!これは行くしかない、と家族でお出かけしてきました。保冷バックに缶ビールいっぱい持って、笑。控えめに言って、最高!でした。暑くも寒くもないカラっとした夕方、時折そよ風が吹いて、夕方から夜へと、だんだんと空の色が変わっていくマジックアワー。森のなかで軽快な音楽を聴きながら、ビール飲んで。なんて幸せなときでしょう。ただ、ポン太はじっとしていられずに、もぞもぞしたり、声を上げたりするのですが、そこは野外音楽会。ほかにも子供はたくさんいて、悪目立ちすることはありません。小学生くらいの子は、少し離れたところで子供どうしで遊んでいる姿も見えました。ほろ酔いの帰り道は、いよいよホタルです。演奏会場から少し歩くと、もうすぐそこ、小川の周りを何匹も舞っているのが目に入りました。高いところを飛んでいるものもいれば、足元のあたりを飛んでいるものも。ほんの数秒ですが、ポン太の手のなかにも止まりました。ポン太、固まってました、笑。ちょうど居合わせた大人たちも、こっちにいるからおいで、と低い位置に止まっているホタルを教えてくれたりと、そんな温かい交流もありました。これでは美しさも感動も伝わらないかもしれませんが、当日、大人の手のひらに止まった瞬間に撮影した写真をアップしておきます!この後すぐにホタルは飛び立ち、私たちも夢のような景色を後にしました。

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー

スポンサーリンク